ドローン事業部

JUAVAC ドローン エキスパート アカデミー 青森校運営組織

 

 





新着情報  


受講生募集中!





コマーシャル再生はこちら↓






2019年6月19日(水)
弘前南高等学校(SHH-スーパーサイエンスハイスクール)にてドローンフライト体験会を行いました。


当日は体育館にてドローンの活躍する業界や将来性についての講義を行い、
その後生徒さん全員にドローンの操縦を体験していただきました。
バッテリーや性能、機体の特徴について聞いてくる生徒さんもおり、皆さん興味深く、楽しく参加いただけたものとうれしく思います。
当校では規模の大小に関わらずドローン体験会開催を随時受け付けております。
日時・場所・内容などもお気軽に当校までご相談ください。

 

 

 



2019年6月15日(土)
SKK情報ビジネス専門学校様(19名)に当校の体験会にご参加いただきました。


当日は小雨がぱらつくあいにくの天気でしたが後半は小雨も落ち着き、無事に開催終了いたしました。
ドローンが活躍するフィールドの紹介や、関連法律の抜粋紹介などドローンについて少し知っていただいて、後半はPhantom4 Proを複数台飛ばし、操縦体験をしていただきました。
Matrice210RTKを使用して赤外線カメラやズームカメラでの動作を見ると皆さん「おぉ~!!」と感嘆の声を上げていたのが強く印象に残っています。
様々な分野への就職先があるかと思いますが、一見ドローンと関係のない業種業態であっても、思いもしないところでドローンと融合することで新しい取り組みができるのではないかと思います。
今回ご参加いただいたドローン体験によって、目指す業界に就職した際にはあの時ドローン操縦したなぁと思い出していただければ幸いです!

当校では個人・団体・企業・学校、組織の大小や開催規模に関わらず体験会の開催を随時受け付けております。
ドローンに触れてみたいといった個人の方をはじめ、仕事で活かしたいけどどうしたらいいのかといった企業様、今回のように生徒さんの就職先の選択肢の一つにしたい、
今後益々の発展が予見されるドローンという最新の技術を生徒さんに肌で触れさせたいなどといった学校側からのご依頼も増えております。
お気軽に当校までお問い合わせください。

 

 

 



2019年6月11日(火)

「鯵ヶ沢町職員がドローン操縦学ぶ」

6月10日(月)~6月13日(木)に鯵ヶ沢町役場職員の方2名にフライト基本技術コースの講習をいたしました。
お二人とも操縦の上達も早く、座学授業の呑み込みも早く、またご自身の苦手な箇所などの把握もしっかり自覚されており、今後も練習を積み重ね、より安全にドローンを扱っていただけるものと確信しております。
6月11日(火)にはNHK、RABの記者の方が来社し、鯵ヶ沢町職員の受講の様子を取材していかれました。
ニュースは当日の夕方「アップルワイド」、「RABニュースレーダー」にて放送され、以下のWEBサイトで閲覧が可能になっています。
ドローン操縦上達は1日にしてならず!日々の研鑽がイザというときに如実に表れます。
空撮・防犯・災害・人命救助・農薬散布・鳥獣害対策などなど、必要に迫られる前に今からドローンを深く知り、多方面で活かせるように備えましょう。

[各社WEBニュース記事]

【RAB】
役場職員がドローン講習
https://www.rab.co.jp/news/news16383053.html

【NHK】
鯵ヶ沢町職員がドローン操縦学ぶ
https://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/20190611/6080005046.html

 

 



2019年5月24日(金)

鯵ヶ沢総合防災訓練の様子が新聞各社に掲載されました。(掲載日順)
東奥新報 2019年5月25日(土)朝刊


陸奥新報 2019年5月28日(火)朝刊






2019年5月24日(金)

令和元年度鯵ヶ沢町総合防災訓練に参加させていただきました。
当校からは赤外線カメラ(XT2)、ズームカメラ(Z30)、スピーカー・投光器・ビーコン搭載可能赤外線カメラ使用機体(MAVIC 2 ENTERPRISE DUAL)を持参し参加いたしました。
高台へ避難する様子をズームカメラを使用して詳細に記録・中継をし、赤外線の映像を大型モニターに映し出して参加者の方にドローンの有用性をお伝えしました。
ドローンは災害、捜索、人命救助にも大きな力を発揮します。鯵ヶ沢町のように先見性を発揮し、その力に早い段階から気づいて積極的に取り入れようとする自治体も多くみられるようになりました。
ドローン体験ブースでは非常に短い時間ながら40名ほどの多くの方に参加いただき、その有用性を体験していただきました。
当校では同町と防災協定を結んでおり、有事の際はいち早く駆け付け町内の安全・迅速な防災対応の一助となるよう日頃から準備をしております。


 
 
 
 




2019年4月20日(土)・21日(日)

株式会社 岩電「第84回 春の展示会」に参加いたしました。
両日開催されたセミナーではドローンの今後の市場や様々な業界での活躍事例と共にドローンにかかわる法律や安全飛行の必要性について小田桐校長からお話しいただきました。
ブース出展では予想をはるかに超える多くのお客様がお立ち寄りくださり、大盛況で無事終了いたしました。


 
  
  


2018年7月11日(水)

大鰐にて屋外講習開始いたしました!
(旧長峰小学校)






過去のニュース



2018年1月14日(日)
無料体験会の動画 FMアップルウェーブホームページ内【アップルストリーム】





日本大学工学部と共同開発したJUAVACのカリキュラムは、ドローンの操縦に関わる基礎知識の修得はもとより、工学的視点から構築した実践レベルの内容で構成されています。 現場を知る者の視点で作成されたカリキュラムならではの、実運用に即した最高品質のプログラムをご提供します。特に、ドローンの飛行に最も重要な「安全面」「飛行技術」「気象学」は各専門分野の有識者を招いた、いまだかつてない実践的な内容です。


安全面ドローンを安全に操縦するだけでなく、法律はもとより関連する安全知識を「わかるまで」サポートします。


飛行技術ドローンを商用利用する際に求められる複雑な操作を分かりやすく習得して頂き、実務でのスムーズな運用を行えるよう「できるまで」サポートします。


気象学気象予報会社・気象予報士のバックアップのもと作成されたプログラムで、「誰でも」ハイレベルの気象知識を得られます。

●国内初となる「非破壊検査技術サポート委員会」
●国内最高レベルのIoTプラットフォームを活用したワンストップサービス

卒業生の方へは、監督官庁への飛行許可申請支援やドローンの利活用に関する最新情報提供など、即戦力として大いに活躍していただけるようサポートします。

フライト基本技術コース使用
Phantom4 Pro 

 

 非破壊検査コース使用 MATRICE 200

 

INSPIRE2


MAVIC2






























JUAVAC ドローン エキスパート アカデミー 青森校運営組織

 

 


トップページ

ドローン事業部

店舗設計

会社概要

自動販売機&自動ドア

設備機器

環境設備